子どもの寝顔は万国共通に可愛い。

子どもの寝顔って本当に可愛いですよねー。

「寝てる時が一番かわいい」なんて言うこともあります(笑)

 

私にも、もうすぐ5歳になる娘がいます。

生まれたときからモンテッソーリ で育つ彼女には、狭い家だけど、自分の部屋と自分のベッドを用意してあります。

子どもの自立と尊厳を大切に考え、子育てしています。

生後間もなくから、自分のベッドで寝るようにしていたけど、添い寝文化の日本人的にはハードル高くて一度は断念。

一人で寝れるようになったのは3歳頃。

一旦添い寝を卒業すると、不思議ともう添い寝には戻れない。

卒乳と同じなんですね〜。(多分?!w)

今朝早く、

珍しく「ママ〜、一緒に寝よ」とやってきた娘。

ソファに身を寄せ合って添い寝。

せまっ!と心の奥底で思いながら…

久しぶりに腕の中で寝る娘の顔が、

赤ちゃんの時と変わらない可愛さ。

 

もうあと5年後には、

添い寝なんて言ってこないし

腕の中にもおさまらないでしょう。

添い寝をしていた、赤ちゃんの頃のほんの数年間が、本当にわずかな時間。

ここまであっという間に大きくなったから、この先5年もきっと瞬間的。

この子の自立心の強さから、すぐに親からも離れていくのでしょう。

 

 

「この頃は今しかないから一緒にいなさい」とか「たくさん可愛がって」とか多くの人に言われてたけど、

こっちとしては(やっぱ実際超大変だから)、早く大きくなって、早く自立してと願うばかりでした。

あと数年、こうやって抱っこさせてもらえるうちに(抱っこできるうちに)、抱っこしておきたい、そんな気分になった朝でした。

 

家庭とは、どんなわがままも、どんな甘えも、どんな可愛さも、どんなイタズラも(!)何もかも許され愛される場所。

 

だからママはむちゃくちゃ怒れるし、イライラするし、キーーってなるけど、

こんな我が子だから、ママのそれが許されてるんですね。

受け入れてるのは親ではなく、

実は、

子どもが親を、無条件に受け入れてることの方が多いのかも。

かも、じゃなくて、確信。

子どもの偉大さに、感謝です。