北九州で最も世界とつながっている園

北九州(あたり)のどの保育園幼稚園を見渡しても、
カーサ・デ・バンビーニが一番、
世界とつながっていて、
園児たちは世界から学ぶことができてる、
と、最近自負するようになりました。

先日カーサのハロウィンの様子がテレビに取り上げられたとき、
僭越ながらも私は
「子ども達はコミュニティの中で育ってほしい」と言いました。

そのコミュニティにつながる力こそが、
世界につながる力なんだ、って
改めて思ったわけです。

近所の人と顔を合わせて交流する日頃があるから、地域イベントも盛り上がり、
リバーウォークで毎月思いっきり遊んでくれる大人がいるから、

田んぼを思いっきり思う存分走らせてくれる大人がいるから、

子ども達は安心して大人を信じ、世界を信じていきます。

大人が積極的に社会とつながろうとする姿勢が、子どもにも影響します。
近所の人とどんどん仲良くなり、
地域の異業種の人とたくさん関わり、
私はこんなことやってます、って発信し、
世界でも同じことやってる人とつながり、
臆することなくどんどん話しかけて。

どんどん繋がって世界が広がっていく様子を
子ども達に見せたい。

行動力だけがとりえの私。
リバーウォークでたまたま居合わせた市長にぐいぐいと近づいて話しかけ、
市長と子ども達との交流を叶えた今日。

こうやって、話したい人と話したり、
会いたい人と会ったりするのは、
自分の行動からしか生まれないわけで。

そしてそれが地域から始まり世界に広がるんだって、
強く思っています。

明日から、Joondalup Montessori のアニータ先生がやってきます。
交換留学の視察と、子ども達の相互言語学習の可能性を話し合うために、オーストラリアから、はるばる飛んできてくれました!
子ども達がどんどん世界と繋がって行くため環境を整える。

そんなおしごとができることに感謝しています。