ボルダリング体験に行ってきました!

カーサ・デ・バンビーニで、ずっと
取り入れたかったボルダリング。
ついに始動!

リバーウォークにある
Japaaanさんは、
幼児の受け入れをしてくれる
数少ないボルダリングジム。

子ども達の反応が心配でしたが

「ここでは、どんな遊びもOK!
ここにあるすべて物を使って、
好きに、自由に、遊んでいいよ!
何をしてもおこられないからね!」

と言う菊池先生の言葉に、
一気に遊びが始まりました。
人見知り、場所見知り一切なし(笑)

最初は敷マットやブロックマットでの遊び。
大きなブランコが出てきて
自由に遊びを展開!

そのうち…
壁に気づく。
登ってみる。
ちょっと怖い。

ママたちも
登る!登る!登る!


女性が壁にいると、
とっても華やかなジムになりますね。

子どもたちも大大大満喫!!

やっぱり、行ってよかった。
ここなら間違いないと思っていました。

「ここでは、どんな遊びも許されます。
子どもは遊びの天才です。
だから、大人はその邪魔をしてはいけません。
あれしたら、これしたら、って促さないでください。
子どもたちは自分で何をすべきか知っています。
壁に登り始めたら、支えません。
『怖い』という感情を自らの内側から目覚めさせるためです。」

先生がママたちに熱く語ってくれました。

「だけど、カーサ・デ・バンビーニの
子どもたちの自主性、すごいね。
2〜3歳で自己選択がしっかりできてる。
なかなか、こんな幼稚園も、園児も見ないよ!」

って最後にお褒めの言葉をいただきました。
一番嬉しい言葉!

来月からは月1でお世話になります。
また、楽しもうね。