まさに敏感期

この写真。
スイカのパジャマと、
プリンセスの絵本。

どこが「いっしょ」かわかりますか?

朝、パジャマの娘が駆け寄ってきて、
プリンセスの本をさして、
「いっしょ!!いっしょ!!
Mちゃん(自分)といっしょ!!」
としつこく言ってくるので、

「いやいや…Mちゃんはユニクロパジャマでしょ?しかも朝ごはん食べこぼしてるし。
プリンセスはドレスやん!ピカピカのドレスやん!全然違うやん!」
とたしなめたら…

「ここ!ここ!!
リボン!!リボンいっしょ!」

ユニクロパジャマの
小さな赤いリボン。
ラプンツェルの
ドレスのリボン。

同じ前身ごろの、
同じ場所に
同じリボンというモノが
ついてると…。

どんだけ細かいねん。

って感じでしょ?笑

これこそが
「ザ・敏感期」!!

先日、ママとモンテ♪、
バイリンガル教育で
少しだけお話しした
「敏感期」

6つあると言われる敏感期
その一つに「小さなもの」
に対する敏感期。

この細かさは、
この敏感期があるから成せる技。

いつまでもは続かない敏感期。

無くなったら
ものごとの捉え方や、
発見に対する感動が
全く変わってしまうと思うと
寂しいけど、

まだ敏感期が働いてる間に
どんな発見を続けてくれるのか
楽しみです(^^)

おしまい